入母屋造り

 重厚で格調の高い入母屋造りは、かつては寺社の屋根として用いられました。
 その後、武家社会とともに城や殿舎に用いられ、明治の頃からは、豪商や豪農の屋根に使われるようになりました。やがて、農家の憧れの造りになっていったと考えられます。
 中でも軒を深くする船がい(せがい)造りは風雨から建物を守る上等な造りです。

建前途中
建前途中の写真
軒先や破風に反りを持つ造りは
高度な技術を必要とします。
上棟式
上棟式(餅まき)の準備中

完成した前景
完成した前景
深い軒
外壁の白壁を守る
船がい造りの深い軒

施工写真
ひかる匠の技!     
     百年の実績
玄関完成写真

トップページ