新津地区の東南、駅からバスで5分ほどの市街地にある緑の丘陵が秋葉公園です。
広い園内には桜の名所である見晴公園や閑静な日本庭園、牡丹園のほか、
楽しいスポーツができるトリムコースなどさまざまなレクリエーションゾーンが点在。
秋葉山頂の展望台を望む景色も素晴らしく、ハイキングにはぴったりの公園です。
公園の奥には、秋葉湖やキャンプ場があり、
ここを起点に「木もれ陽の遊歩道」と呼ばれる散策コースが石油の里まで整備されています。

平和塔
展望台
動物広場
 
秋葉湖
キャンプ場
 


新津秋葉山平和塔は、昭和29年にインド国プラサド大統領とネール首相から、
日本の永遠の平和のために新潟県民に贈られましたお釈迦様のお舎利(お骨)を安置し、
平和を祈念するとともに、風光明媚な秋葉山公園に当市の観光の象徴として、
新津観光協会が旧新津市民を始め県内外から広く篤志を仰ぎ建立したものであります。
平和塔には、平和国家の尊い礎となられた戦没者各位の霊並びに無縁の霊を奉祀申し上げております。

この地に訪れられる方におかれては、敬虔な平和のご祈念を下さいますとともに、
楽しいレクリェーションの場として、また親善融和の場として広くご利用下さることを
お願いするものであります。(平和塔前の建札の文から)

※平和塔の高さ:21.48m(中には本尊として、お釈迦様と観音様を安置)


秋葉公園マップ
秋葉公園キャンプ場マップ